小さなことでも、まずはお電話ください。
086-234-5888
平日は夜間も、土曜日、日曜日にもご相談いただけます。

よくある質問

非弁行為とは何ですか?

 非弁行為とは、弁護士でない者が報酬を得る目的で弁護士業務を反復継続の意思をもって行うことをいい、非弁行為は法律で特別に許可されている場合を除き、一律に禁止されています。これに違反して非弁行為を行った者は、2年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処せられます(弁護士法第77条)。
 これは、弁護士でない者による法律事件への介入は、類型的にトラブル発生の危険性が高いことによるもので、弁護士の有する専門的知識と高度の職業倫理を信頼して規定されたものといえます。
 そして非弁行為における報酬を得る目的とは、金銭に限られず、物やサービスも含まれます。また弁護士業務とは、訴訟に限られず、示談交渉を行うことや弁護士に事件を周旋することなども含まれます。
 例えば、交通事故の示談交渉を報酬を取って本人の代わりに行っている業者がいたとすると、それはまさに非弁行為に当たります(保険会社を除く)。また自らが示談交渉をせずとも、依頼者から紹介料を取って弁護士を紹介する業者も同様に非弁行為に当たるのです。
 このような非弁行為を行っている者(いわゆる事件屋・示談屋)に依頼すると、後から法外な報酬を要求されたり、相談した内容をネタにゆすられたりするなど、トラブルに巻き込まれるおそれがあります。
 法律相談等を考えていらっしゃる方は、弁護士に相談し、決して事件屋・示談屋を利用することのないようお気を付け下さい。


<前のページにもどる

MENU

トップページ
新着情報
岡山弁護士会の活動
よくある質問
岡山弁護士会とは?

弁護士検索
無料相談
交通アクセス

サイトマップ
プライバシーポリシー
個人情報保護に関する公表事項

Copyright (c)
Okayama Lawyers Association. All Rights Reserved.